データベース

OECD(経済協力開発機構)のデータで、より有効にCEICを活用する。

データを探る

提出する

CEICはOECDの主要な3つのデータベース(エコノミックアウトルック、主要経済指標、生産性)をCDMNextに統合しました。OECDはOrganization for Economic Co-Operation and Development:経済協力開発機構 の略で、34カ国が加盟する国際機関です。OECDは、経済成長や世界貿易を活発化させる目的で、民主主義と市場経済に関与する国々のフォーラムと自らを位置付けています。OECDデータベースには、いくつかの非加盟国も含め、すべての加盟国の経済、及び、社会に関する情報が収録されています。アナリスト、学術研究者、投資家のために設計されており、世界で最も正確で広範囲なデータに基づく決断を必要とする方々に、強力、かつ、入手しやすいソリューションを提供いたします。データは月次と半年毎に、季節調節済みと季節調整なしの両方のデータが配信されます。

  • OECDによって一般化・標準化されたデータセットによって、各国間の比較を容易に。
  • アナリストによって探し出された、需要の高い計画データと主要な指標により構成。
  • 過去データを1960年まで拡張。
  • データの検索や比較がより便利な、直感的なレイアウト。
  • 社内システムを通してチェックされた広範なデータや情報。

Interested in This Data?

このデータセットにアクセスするには、オンライン購読するか、担当者にご連絡ください。お客様のデータニーズに合わせたプランをご案内します。