中国:新基準と旧基準

「新基準」は一桁の成長、「旧基準」は二桁の成長を指します。中国経済にとって、10%と7%の間にはどのような意味があるのでしょうか?中国の経済成長が鈍化しているのでしょうか?それとも、変化のときを迎えているのでしょうか?この過渡期において、中国の経済活動に何が起きているのでしょうか?そして、「新基準」に対応するために、どのような準備をしておくべきなのでしょうか? 過去数年の経済活動、そして関連する経済問題を見ますと、中国当局は力強い成長を維持し、経済を刺激するために大規模な投資プロジェクトを促進してきました。しかし、経済へのこのような大規模投資は産業構造にアンバランスをもたらしました。現在の「新基準」は、経済成長にとって正しい道なのでしょうか?上記グラフの投資限界収穫逓減が示すとおり、経済の構造がアンバランスになっている状況では、大規模な投資プロジェクトは近年の経済成長を維持するための効果的な対策とはなりませんでした。 現在の経済変革期において、人々の生活に最も影響を与えているものは、「Internet-Plus」や「O2O」などのインターネット経済でしょう。しかし、この新たな生活の一面が、経済変革、または産業構造のリフォームと言えるでしょうか?もしくは、製品やサービスの取引に便利さを与え、経済活動を活性化させる起爆剤でしょうか? 「産業構造は最適化されたのでしょうか?」または、「経済効率を高めるために資源の割り当てが適切に行われたのでしょうか?」などの問いに対する回答を得るには、時間が掛かるかもしれません。また、このような頻繁に行われる便利な取引は、不要な消費と浪費をもたらしたのでしょうか?広大な国土に大多数の人口を抱える中国の経済システムに潜む大きな問題を作り出すのでしょうか?今後もこの影響をより深く考察し、注目しなければなりません。消費の後押しだけに焦点を当てると、経済はさらなる浪費化へ向かってしまいます。中国にとって産業構造を改善することがさらに困難となり、経済活動全体の質を高める障害を作り上げてしまうでしょう。
2016/02/05 (金) - 06:51 中国:新基準と旧基準

データを
探索してみよう

提出する